map
English中文Viet

通信課程

学科案内

学科案内

精神保健福祉士 養成 1年10ヶ月

教育訓練給付金対象講座

「精神保健福祉士」国家試験合格をめざす!!

「精神保健福祉士」国家試験合格をめざす!!

精神保健福祉士指定科目を履修し、精神障害や精神保健福祉に関する専門知識や実際の援助技術、精神障害者の社会復帰のために必要な社会福祉に関する専門知識を身につけます。

取得資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
入学資格

下記1から4のいずれかに該当する方。

  1. 大学等卒業者
  2. 3年制短期大学等(夜間課程・通信課程を卒業したものを除く)の卒業者で、指定施設での相談援助業務の実務経験を1年以上お持ちの方。
  3. 短期大学・高等専門学校等の卒業者で、指定施設での相談援助業務の実務経験を2年以上お持ちの方。
  4. 指定施設での相談援助業務の実務経験を4年以上お持ちの方。
履修方法

自宅学習 → レポート提出

履修方法
  • 1ヵ月に1科目または2科目ずつ、テキストで勉強し、レポートを提出していただきます。
  • レポートの提出は、毎月末日が締切(必着)です。
  • 不合格レポートや未提出レポートについては、1年次の8月・12月・3月、2年次の8月・11月の再レポート提出期間に提出できます。
  • テキストは、指定された書籍(市販のもの)を中心に各自購入します(ガイダンス時などに販売)。

スクーリング(会場:池袋)

  • スクーリングは、専門科目を1年次の8月に3日間、12月に4日間、2年次の8月に1日実施し、実習指導を1年次の8月と2年次の12月に1日ずつ実施する予定です。
  • 各科目の最終時間に修了試験を行います。
  • レポートを提出していない科目についても、スクーリングは受けられます(レポートとスクーリングの評価は別々で、最後に総合評価をいたします)。

実習(精神保健福祉援助実習)

  • 精神科病院・診療所、地域の障害福祉サービス事業(精神障がい者)を行う施設等において合計210時間以上の実習を行います。原則として連日行われます。
  • 実習オリエンテーションで、実習への動機付け、実習に向けた心構え等についての指導を行います。また、実習に対する質問や事前の学習についての相談を行います。
  • 入学(4月1日)の時点で、指定施設において1年以上の相談援助業務の実務経験のある方は免除される場合があります。詳細はお問い合わせください。

修了要件

  • レポート全科目の合格
  • スクーリングの合格
  • 実習の終了・合格